FXで幸せなお金持ち-素人、初心者から億万長者になるまでの道のり-

FXの基本情報から勝つためのノウハウを幅広く提供するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | ▲TOP PAGEへ戻る

レバレッジ規制に関して、その2

そもそもレバレッジ規制に踏み切る理由は何だったのでしょうか?

以下規制の走りとなる記事の抜粋です。



日経ネット「FX、投機的取引に規制 金融庁、証拠金倍率20―30倍を上限に」

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090424AT2C2301R23042009.html
――――――

「金融庁は個人投資家に普及している金融商品「外国為替証拠金取引(FX)」について、

預けたお金で何倍の売買ができるか示す「証拠金倍率」を規制する方針を固めた。

現在、FX市場では100―600倍前後の高倍率取引が増えている。

わずかな為替相場の変動で、預けたお金がゼロになる恐れがあった。

投機的取引を抑制するため、上限を20―30倍前後とする方向で調整する。


証券取引等監視委員会が24日、金融庁に制度改正を要請し、

金融庁が金融商品取引法の関係政省令の改正作業に入る。

早ければ今夏にも導入する見通し。
――――――



そしてその反応を以下に抜粋。



日経ネット「「FX倍率制限の議論は慎重に」 東京金融取引所社長」
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090428AT2C2700U27042009.html
――――――

東京金融取引所の斎藤次郎社長は27日の記者会見で、同取引所が提供している外為証拠金取引(FX)サービスの

証拠金倍率について「(高い倍率に対する)投資家の需要はある」と述べた。

金融庁はFXの証拠金倍率の上限を20―30倍前後に規制することを検討している。

同取引所は米国などの事例を参考に最大 100倍に設定しており、証拠金倍率の上限規制には慎重な議論が必要だと

の認識を示した。

――――――


ブルームバーグ「「ミセス・ワタナベ」撤退も、FXレバレッジ規制で流動性低下の恐れ」
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90003017&sid=a0GmkzUD9kp0&refer=jp_news_index
――――――

矢野経済研究所が5月にFX投資家2665人を対象に行った調査では、レバレッジを20-30倍に規制することに対

し、90.5%の投資家が反対。21.7%がFX取引をやめると回答した。

同研究所の白倉和弘上級研究員は、レバレッジ規制が導入されれば、「取引量の低下や経営企業での収益性の低

下、口座開設の海外流失などの影響が懸念される」と指摘。

投資家にとってありがたいことはない」と語る。
――――――


日本銀行の西村清彦副総裁は、審議委員だった07年7月、ワシントンでの講演で、「日本の家計が存在感のある投

資家として誕生したことが外国為替市場にも影響している」と指摘し、かつて「チューリヒの小鬼たちといわれた

スイスの投機家」が為替市場を不安定化させたと批判されたのとは対照的に、プロの投資家と反対売買(逆張り)

する「東京の主婦たちが市場を安定化させる役回りを果たしているのは明白だ」と語った。


98年の外為法(外国為替及び外国貿易管理法)改正で登場したFX取引は、国内の超低金利や05年のペイオフ解禁

を背景に急拡大した。

特に07年半ばまでの円安局面では、かつてバブル期に巨大な資金運用で世界市場を席巻し「ザ・セイホ」と呼ばれた

日本の生命保険会社のように、FX取引を行う「ミセス・ワタナベ」が主要な円の売り手として存在感を示した。

JPモルガン・チェース銀行為替資金本部の棚瀬順哉シニアFXストラテジストは、「FX取引は東京市場の売買

高の2-3割を占めるとも言われているが、『押し目買い・戻り売り』を典型的なトレードパターンとするFXの

参加者が減少すれば、相場の上下動が誇張される可能性がある」と指摘。

「経常黒字国である日本では、経常収支からくるフローは常に円買い超。

FXはそれに売り向かう有力なフローの1つだったが、それがなくなるということは円買い方向に需給が傾きやすく

なる」と、為替相場への影響を分析する。
――――――


だから円高基調になりやすいんでしょうか?

簡単に結論付けは出来ないけれど、個人投資家にとっては規制は不要の法律でしょう。

自己裁量がトレードの基本だし、強制ロスカットは何の為にあるの?と言いたくなります。

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/10/15 00:56 ] FXの基礎知識 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

レバレッジ規制に関して

レバレッジの規制に関してです。

2010年8月よりレバレッジの規制がかかり最大50倍になりました。

そして2011年8月からレバレッジ最大25倍の規制がかかります。

前までは400倍とか普通に掛けられたのに・・・・・・・。

いろいろ意見があって賛否両論のようです。

市場側からすると反発が大きいようですね。

一部参照。↓

「海外のヘッジファンドが日本のMr. & Mrs.ワタナベ、個人投資家に注目するのは、今までのマーケットは円高方向に行ったときスピードが加速度的に円高が進むことが多かったんですが、それに対抗するような形で個人投資家が入ってくるので、だからなかなか急速に円高に進まないというときもあった。
今後円高になったときにその円高を阻止する人がいなくなるということですから円高のスピードが速まるリスクがある」
JPモルガン・チェース銀行 佐々木 融
――――――
「イギリスはレバレッジの規制がないし アメリカはあっても100倍まで」
エフエックス・オンライン・ジャパン ジェームズ・ガウ CEO





[タグ未指定]
[ 2010/10/13 13:51 ] FXの基礎知識 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

レバレッジについて

今回はレバレッジに関してです。


FXは取引業者に一定の証拠金(保証金)を担保として預けることで、

手持ちの資金の何倍もの外貨を売買できます。

こうした手持ち資金の何倍もの外貨を売買できるしくみを「レバレッジ」といいます。



FX取引の原理を知る上で証拠金取引というポイントは特に重要です。

証拠金は担保のようなもので、その担保の分の値動きの間なら自由に取引していいですよ、

というのが証拠金取引の(かなり大雑把な)原理です。

たとえば、1$=\100のレートのときに10,000$買いたいなら、1,000,000円の日本円が必要ですが、

証拠金取引なら例えば10,000円からでも買うことができるんです。


しかし、実際に必要十分な資金以上の取引をするには制限やルールがもちろんあります。

そのうちの一つがレバレッジと呼ばれるもので、これは証拠金に対していくらまでの取引が

できるのかという目安になります。

先ほど例に挙げた、1万円で100ドルを買う取引の場合はレバレッジを100倍にして取引をしている

ということになります。

逆にレバレッジが10倍なら10万円が必要ですし、400倍なら2,500円で良いということが言えます。

つまり、このレバレッジが高いほど少ない資金で取引が可能ということです。

業者によって違いますし、取引通貨の流動性によっても違いがあります。

(2010.10.11現在では個人投資家は50倍までの規制になっています。)


しかし、必要なお金が少ないだけで実際の取引には1万ドルの取引が行われています。

1円の円安のたびに1万円が利益となりますが、逆に円高になれば1万円が損失となります。

ここで、はじめに紹介した担保の分の値動きの間なら というルールの問題がでてきます。

レバレッジ100倍の場合1万円しか証拠金がないため、1円円高になったら1万円の損となって

投資資金となった1万円分が失われることになります。

その時点で、その証拠金の担保としての価値が不足してしまうため取引は強制的に終了となってしまいます。

実際には、思惑とある程度逆に動いたところでその取引をあきらめて損が少ないうちに切り上げるという、

損切りを行い、取引するユーザー自身がコントロールしていくことが重要です。


レバレッジに比例して大きく為替差益が狙えるのが、FXの最大の魅力ですが、

ただし、大きなリターンが狙えるということは、ウラを返せば、損失が膨らむリスクがあるということです。

そこで役に立つのが、『ロスカットルール』です。

ロスカットルールとは、思惑と反対に為替が動いて、一定の損失を超えたときには、

強制的に反対売買をして損失を確定するしくみです。

こうしたリスク管理ができるのも、FXのメリットといえるでしょう。

[タグ未指定]
[ 2010/10/11 23:22 ] FXの基礎知識 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

FXの魅力、その2


FXのいいところ。その2。


FX=買い売りどちらでも自由に稼げるところ。

24時間好きな時間に(厳密には1日一回取引の繰越などを行う時間があります。)取引ができる・・・。

それは前述しましたが、株のようにインサイダー取引や差金決済のような禁止事項はほとんどありません。

さらに、買いのみで無く売りから取引を始めることが出来るため最近の円高時代にも対応ができます。


為替や株の過去の歴史を見ると緩やかに上昇して下降するときは一瞬で下降する特徴があります。

だから売りから取引開始ができるメリットは大きいんです。


また上記以外にも稼ぎやすい側面があるです。

それは、レバレッジと呼ばれる証拠金取引独特の倍率をかけた取引ができるという理由です。

またFX業者間の競争により取引手数料無料が業界標準になってきました。

特に、取引を頻繁に行うデイトレーダーや分単位、あるいは秒単位で取引を繰り返すスキャルピングをする人にと

って、この手数料無料という条件は非常に稼ぎやすく有利といえます。

取引する通貨もドルだけでなく、ユーロやポンド、香港ドルに南アフリカランドなどいろいろな通貨が

用意されていますから、トレードスタイルにあった通貨選びができるのもいいですよね。

[タグ未指定]
[ 2010/10/05 14:42 ] FXの基礎知識 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

FXの魅力


FXのいいところはいろいろあります。

まず平日に仕事をされている方にとって一番ありがたいポイント。

FX(外国為替証拠金取引)は24時間取引可能なんです。


外国為替市場は、東京をはじめ、ロンドン、香港、シンガポール、フランクフルト、

ニューヨークなど世界50カ国以上にあり、24時間、眠らずに取引されています。

相場の急変をキャッチしいち早く対処したい場合にも、すばやく対応できるのです。


同時刻、同通貨ペアの取引であっても、その成立価格は個々の取引によって違っています。

そのため、為替レートは取引会社によって異なることがあります。


また、電話やインターネットを介して全世界がひとつのマーケットを形成しているため、

どこかの国または地域で取引をしている限り、いつでも取引に参加することが可能です。

なので外国為替は土曜日、日曜日と1月1日以外の日は基本的に常に取引が継続されており、

それに準じて、FXも24時間取引ができます。


ご自身のライフスタイルに取り入れて、取引することが可能なのです。

※メンテナンス時間は取引ができませんのでご注意ください。

[タグ未指定]
[ 2010/10/05 14:26 ] FXの基礎知識 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

FXの取引って何?


“FX”とはいったいどういう取引なのでしょうか。


FX(外国為替証拠金取引)とは、外国為替取引を「証拠金」で行う取引です。

「証拠金」は、取引を行う際に相手方に預け入れる「担保金」のようなものです。

FXは、将来必ず決済(反対売買)することが約束された「差金決済」という決済方法を採用した取引になります。

その為、総取引額の現金(キャッシュ)の受渡しは必要とされず、売買の損益の受渡しのみで取引が完結します。

分かりやすい例をあげると、ドル/円が1ドル=100円のときに10,000ドルの取引をするとします。

本来であれば100円×10,000ドル=100万円がなければ10,000ドルを手に入れることはできませんよね?

しかし、FXは上述のとおり差金決済を採用した証拠金取引ですので、総取引額(100万円)の数パーセントの証拠金

を預け入れるだけで、10,000ドル分の取引を行うことができるのです。

もし、5万円の損失が発生すれば、預けている証拠金から差し引かれます。

逆に5万円の利益が出た場合は預けている証拠金に加算されます。


お金が実際ないのに所持している金額以上の金額のやり取りが出来るって不思議ですよね?

でもうまくそれでお金が回るんです。

FX業者さんはスプレッド(買いと売りのレート差)でちゃんと手数料みたいなものを回収してますし。


証拠金で取引が出来るFXは、資金効率がよいため、レバレッジの効いた取引であると表現されます。

よく耳にする「レバレッジ○倍」というのは、「証拠金に対して総取引額が何倍か」を指しています。

だからFXは少ない金額=証拠金、さえあればその何十倍もの資金があるかのように取引出来るということです。


*レバレッジの意味はテコです。テコの原理はご存知ですよね?小さな力で大きな物を動かすという意味です。

[タグ未指定]
[ 2010/09/30 17:41 ] FXの基礎知識 | TB(1) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

外国為替って何?

外国為替(FX)って何?と思ってる方も多いことでしょう。

何を隠そう僕もそう思っていました。

今回はまずそのことから説明します。



まずFXとは、「Foreign Exchange」の略称になります。

元々は「外国為替取引」の意味ですが、最近では、「外国為替証拠金取引」を指し示すものとして一般的な言葉に

なっています。

「外国為替取引」と「外国為替証拠金取引」の違いは、外国為替取引を“証拠金”で行うかどうかという点です。


また外国為替の意味としては、異なる2国間の通貨を交換して送金することも含みます。

海外旅行に行くときには、現地で買い物や食事をするために、銀行で日本円を現地の通貨に両替すると思います。

これも一種の外国為替です。

交換するときの比率が、為替レートですね。



FXはどこで取引されているのでしょうか?

気になりますね。

外国為替の取引を行うところを総称して外国為替市場といいます。

外国為替市場は、厳密には、「インターバンク市場」と「対顧客市場」の2つに分かれているようです。

対顧客市場とは、銀行が顧客に対して取引を行うところで、銀行の窓口で外貨に両替するのはその取引の一例にな

ります。

これに対し、銀行間での取引を行うところが、インターバンク市場。

FX(外国為替取引)は、インターバンク市場を中心に行われます。


株と同じように昔から一般の人に公開されたものだったか?というと意外とそうではないんです。

FX(外国為替証拠金取引)の歴史は新しいものになります。

インターバンク市場での取引は、取引単位も大きく、参加できるのは、銀行や機関投資家、大企業などに限定され

ていました。

しかし、1998年に外為法が改正され、個人でも自由に外国為替取引を行えるようになりました。

個人投資家が市場に参加しやすいように取引単位も小さくし&それをわずかな証拠金で取引できるようにした事か

ら誕生したのが、外国為替証拠金取引(FX)です。

その法律が制定されてからFXは、外貨投資の新しい手法として、注目と人気を集めるようになったようです。

[タグ未指定]
[ 2010/09/30 17:15 ] FXの基礎知識 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。