FXで幸せなお金持ち-素人、初心者から億万長者になるまでの道のり-

FXの基本情報から勝つためのノウハウを幅広く提供するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | ▲TOP PAGEへ戻る

11月16(火) トレード報告

本日ももみ合いが続きそうなEUR/JPYですが、ハッキリとしたMACDのクロスと移動平均線の

転換期狙いで頑張って行きます。

●EUR/JPY 22:09 113.100  short 2:09 112.642 決済  ( +45.8pips

何とか分かりやすいシグナルを参考にして+で終わったので満足です。

もうちょっと粘っても良かったですが、欲張らないほうが今の流れだと良さそうなので利食いを速めにしました。

今後の流れに注意していきたいですね~。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/11/18 00:25 ] トレード報告 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

11月15(月) トレード報告

何だか今日もEUR/JPYは展開が読めなかった感じです。

ドルとポンドの動きの向きが安定しているようなのでそちらにも注目して行こうかな?

本日も様子見です。






[タグ未指定]
[ 2010/11/18 00:18 ] トレード報告 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

11月12日(金) トレード報告

EUR/JPY 1日足、4h足、2h足のMACDすべて下げクロス!

short狙いで行きました。

●EUR/JPY  15:40 111.902 short 111.850 決済 ( +5.2pips

決済時にはそこそこ反発していたのでその後様子見。

どんどん上がっていきました・・・・・・まあ予想と違う動きをされたらしょうがないですね。

[タグ未指定]
[ 2010/11/15 16:48 ] トレード報告 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

11月11日(木) トレード報告

今日の方向性。

short=早めの決済 long=じっくり決済

●EUR/JPY 9:49 113.222 short 20:30 112.922 決済 ( +30.0pips

参考にしている移動平均線が小刻みに波打ち・・・・売買タイミング不明。

+になったから別にいいけど・・・。

[タグ未指定]
[ 2010/11/15 16:44 ] トレード報告 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

11月10日(水) トレード報告

この一週間は方向性がイマイチ(個人的にそう感じます)・・・。

スキャルピングで小幅な利益をゲットしていく方向にシフトしてもいいかも?

きょうはトレードお休みの方向で。(理由・・・自分のなかで攻めてのポイント欠如)

為替は逃げないんでこんな日も大事だと勝手に自分を納得させてレンタルしてきたDVDを鑑賞します。

ハリーポッター劇場公開するみたいだし、最初から見ようかな。

[タグ未指定]
[ 2010/11/15 16:39 ] トレード報告 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

11月9日(火) トレード報告

EUR/JPY 1日足が雲にかかりそうなんでその後の展開に注目。

基本様子見でちょろっとトレード。

●EUR/JPY 14:38 112.090 short 18:26 112.390 決済 ( -30pips

明日もちょっと予想しずらい・・・。(USD/JPYも円安に向かいそうだけど反発もしそうな感じ。)

[タグ未指定]
[ 2010/11/15 16:34 ] トレード報告 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

11月8日(月) トレード報告

EUR/JPYが再度上がってきそうな雰囲気。

USD/JPYが上がってくる感じもするし・・・(82円~83円まで上がってその後下がる感じかな?)

それに伴っていろいろな通貨が円安に向かいそう・・・。

30足参考にして

●EUR/JPY 14:30 113.401 short 20:48 112.732 決済 ( +66.9pips


まずまずでしょうか?

[タグ未指定]
[ 2010/11/15 16:30 ] トレード報告 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る

フィボナッチリトレースメントとは?その2

フィボナッチリトレースメントの利用方法


(1) 上昇トレンド中に、価格が下がった時、どこまで下がるか・・・。

フィボナッチ図2

上図では、AからBの上昇トレンドがBを天井(高値)に下降へ転じています。これがどこまでで戻るかを予想する時、

AからBの上昇幅をフィボナッチ比率で分割した水準(a、b、c)がその候補となります。上図の場合ですと「a」の

付近まで戻っているのがわかります。



(2)下降トレンド中に、価格が上がった時、どこまで上がるか・・・。


フィボ図3

上図では、AからBの下降トレンドがBを底(安値)に上昇へ転じています。これがどこまでで戻るかを予想する時、A

からBの下降幅をフィボナッチ比率で分割した水準(a、b、c)がその候補となります。上図の場合ですと「b」と

「c」の付近で戻っているのがわかります。







[タグ未指定]
[ 2010/11/15 15:53 ] テクニカル講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。