FXで幸せなお金持ち-素人、初心者から億万長者になるまでの道のり-

FXの基本情報から勝つためのノウハウを幅広く提供するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | ▲TOP PAGEへ戻る

ロウソク足とは?

まず、チャートの基本です。

代表的なものがロウソク足と呼ばれるチャートです。

一定時間内の終値と始値、そして最高値と最安値が一発で分かるとても優れた表現方法です。

日本では昔から使われていて、今でもチャートと言えばこのロウソク足チャートを指すといってもいいほどです。


他には、バーチャートラインチャートがあります。

バーチャートは、最高値と最安値を棒の上下で表記し、始値を左の横線、終値を右に横線を記すことで表記したも

ので、ラインチャートは終値同士を結んだ折れ線グラフです。


情報が多いロウソク足が一般的で、このロウソク足の形状から値動きを予測する酒田五法などもありますが、一方

でロウソク足やバーチャートを見ていると悩んでしまうという理由から、ラインチャートを使うという方もいま

す。


もしどれを使ったらいいか迷っているのなら、ビジュアル的に理解しやすいロウソク足がおすすめです。

なお、足という言葉を使っていましたが、終値と始値を集計する時間によって、1分足、1時間足、日足、週足など

という風に表現します。

時間の設定によりあらゆる時間軸のロウソク足表示が出来ます。

人によってどの足を売買判断に使用するか違ってきますので、自分のスタイルにあったものを参照しましょう。


*足は訓読みで「あし」と読みます。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/10/19 14:14 ] テクニカル講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。