FXで幸せなお金持ち-素人、初心者から億万長者になるまでの道のり-

FXの基本情報から勝つためのノウハウを幅広く提供するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | ▲TOP PAGEへ戻る

MACDとは?その2

MACD図2



↑ MACD2=MACD-シグナル




MACDの利用方法


MACD図3



1.MACDとシグナルの交差


MACDがシグナルを下から上に抜いた時に買い、上から下に抜いたときが売りとなります。

この交差はゼロラインから離れた、 つまりより高い山での売りサイン、

より深い谷での買いサインほど有効となります。

これはMACD2がゼロラインを上抜いたり下に抜けたりすることと同じ意味となるため、

MACD2がゼロラインを上抜くと買い、ゼロを下抜くと売りとなります。


MACD図4



2.MACD,シグナルとゼロラインの交差


MACD,シグナルがゼロラインと交差することも重要なサインとなります。

2本の線がゼロラインを上抜いた時には上昇トレンドの継続を意味し、

ゼロを下抜いた場合は下落トレンドの継続を意味します。

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/10/28 22:32 ] テクニカル講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。