FXで幸せなお金持ち-素人、初心者から億万長者になるまでの道のり-

FXの基本情報から勝つためのノウハウを幅広く提供するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | ▲TOP PAGEへ戻る

RSIとは?その1

RSI(The Relative Strength Index) は相対力指数とも呼ばれ、米国のJ.W.ワイルダーが考案したチャートで、最

もポピュラーなテクニカルチャートの一つです。

売られ過ぎ買われ過ぎを数値化し、逆張りで相場にアプローチする手法となります。


RSIの計算式には2つのパターンがあります。


Aパターン  RSI=A/A+B×100
  A:直近N日間の値上がり幅の平均
  B:直近N日間の値下がり幅の平均

RSI図①




Bパターン  1日目はAパターンと同じ
  2日以降は
  RSI=A'/A'+B'×100
  A':(A×13+当日の値上がり幅)÷14
  B':(A×13+当日の値下がり幅)÷14

RSI図②



ワイルダーはBパターンでRSIを作成していますが、日本では間違った伝わり方をしたためかAパターンを利用する

ことが多いようです。

BパターンとAパターンを比較するとBパターンのほうがより滑らかなラインとなる傾向があります。

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/11/06 18:49 ] テクニカル講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP PAGEへ戻る
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。